「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

カルティエ、ダイヤ

懸賞 2009年 01月 17日 懸賞

カルティエのジュエリーはダイヤが主役。
カルティエのジュエリー、アクセサリーの中では特に婚約指輪や結婚指輪が人気です。
カルティエの婚約指輪にはダイヤは絶対不可欠です。
ダイヤはもともと、最も固い鉱物、宝石として永遠の絆の象徴とされてきました。
カルティエに限らず、婚約指輪にはダイヤが多く使われます。
カルティエのブランド・テーマには「愛」もあるから、結婚前の約束としてあるいは束縛として枷として、ダイヤの婚約指輪はカルティエの最もカルティエらしいジュエリーかもしれません。
ダイヤはまた、節目の記念にも贈られます。
結婚10周年のスウィートテン・ダイヤモンドなんかは有名ですよね。
カルティエのダイヤの婚約指輪を贈り、結婚10年をつつがなく過ごした暁にはまたダイヤを贈る。
庶民のお財布的にはかなりの痛手ですが、何ともロマンチックな話です。(遠い目)
ダイヤモンドは永遠の輝き。
どこかの宝石店に、そんなキャッチフレーズもありました。
ちなみに、ダイヤモンドは4月の誕生石になっています。
ダイヤの宝石言葉、意味は「永遠の絆・純潔」。
最も硬い鉱物であるダイヤ、何者にも侵されない絆と純潔の象徴。
カルティエというよりはダイヤがメインのお話になってしまいましたが、ダイヤは人の心を魅了してやまない宝石です。
余談ですけれど、小学校の同級生で宝石商の息子に、「ダイヤ」くん、という名前の男の子がいました。
お姉さんは「留美」。ルビー、らしいです。
宝石商の子だからといってその名前はどんなものでしょうねぇ。
[PR]

# by diordi0 | 2009-01-17 20:09 | カルティエ

カルティエのアクセサリーとダイヤ

懸賞 2008年 12月 09日 懸賞

カルティエのアクセサリーには、ダイヤモンドがよく使われています。
カルティエのリング、ネックレス、婚約指輪に結婚指輪。
カルティエのロゴマーク、「C」をダイヤがラインストーンとして飾っていたり、婚約指輪ではもちろん主役はダイヤ。
カルティエのアクセサリーのモチーフは、ハートも多いのですが、リングであれば地金をハートの形に。
ネックレスやブレスレットならば、ハートの形のチャームに小粒のダイヤがぎっしりと敷き詰められていたり。
また、カルティエの愛のテーマであるビスのモチーフの代わりに、ダイヤが埋め込まれているデザインもしばしば見かけます。
カルティエのダイヤは、豪華に贅沢に、アクセサリーを飾り立てています。
カルティエのアクセサリーの中でも、「カルティエ メディセソバージュ リング」はまさにダイヤのリング。
リングの表面全体が小さなダイヤで埋め尽くされていて、アクセントとして一回り大きなダイヤが嵌め込まれています。ううーん、豪華。
「カルティエ モビリス リング」は、ゴールドの地金に2段のダイヤがラインストーンのようにぐるりと取り巻いています。
カルティエ モビリスには、おそろいのデザインのピアスもありました。
カルティエ モビリス、セットで身につければ、気分はダイヤの女王様かも~?
カルティエのダイヤ・アクセサリーは、さすがにお値段もかなりのものです。
カルティエは世界的な一流ブランドですから、仕方ないのでしょうけど、庶民ではまあ・・・・あこがれで終わりそうですね(^^;
カルティエも結婚指輪など、シンプルなものであれば手が届くのですけどねー。
カルティエのダイヤはセレブ仕様。
宝くじに当たったら、買ってやる~!
[PR]

# by diordi0 | 2008-12-09 21:26 | カルティエ